ちつの劣化

どうしましょう、いざという時に「膣(ちつ)」が劣化していたら?
そう、女の子の一番大切な、あそこの部分です。「会陰」という厳かな呼び名もありますが、やはりケアしないと萎縮するから、鍛えなきゃいけないそうです。わたしはそんなとこ訓練したことなんかなかった。多分、あなたもそうでしょう? いや、私だけかな?
とにかく。年齢とともに、生殖器としての機能は衰え、子供は産めないとしても、「器」としてはそのままだと、わたしは不覚にも考えていました。が、それは全く間違いだったことに気がつかされたんです。

膣ケア

膣もケアしないと劣化するし、膣をケアすることで体調不良がすべて改善・解消されるという。 ヨガが起源らしい会陰マッサージ、膣のセルフケアの効果は、インドや欧米では普通に行われているそうです。イギリスではオックスフォードやケンブリッジの大学病院で、 日本では聖路加産科クリニックなどで、妊婦さんにマッサージをすすめているとか。知らなかった・・・。子供を産んだことのないわたしは、そういうことをすっ飛ばして、この歳になってしまいました。確かに、使わないと身体は鈍って劣化しますよね。それは膣も同じ。 だから、女性ホルモンを多く分泌するようセックスをしてケアをしてあげることが大切だそうです。相手のいない人はマスターベーションで。それもしていなければ、劣化して干からびるからです。
熱いセックスやマスターベーションに伴う愛汁で膣の定期メンテナンス。だけど、そんな人はそう多くないでしょう。現に、この本の著者原田さんも20年以上のセックスレスだし、マスターベーションも何年もご無沙汰だった。それだと枯れる一方です。でも、「劣化は止まる」んです。 ↓この本でそれを学びましょう!

→ ちつのトリセツ 劣化はとまる [ たつの ゆりこ ] 

『ちつのトリセツ』劣化はとまる

目次
c o n t e n t s
本書をお買い上げくださったみなさまへ

第1章 女性器について知る──女性は、すべての穴をケアしなければならない
▼目や鼻は、女性器とつながっている
▼膣は、ケアをしないと干からびる!
▼女性器の乾燥がもたらす、セックスよりもっと困った問題
▼オイルケアで、膣も心もやわらかくなる!?
▼私の大陰唇や小陰唇、しなびて小さくなっていました ・・・
欧米ではあたりまえ? YouTubeにアップされた会陰マッサージの画像―ヨーロッパ

第2章 女性器劣化はこうして起きる──あなたの膣は、大丈夫ですか?
▼日本人女性の〝産む力〟は、弱くなっている
▼膣や会陰が冷える原因
……ブルーライト/夜更かし/ストレスや緊張/冷え症/体に負担をかける食事
……砂糖の摂りすぎ セックスレス/呼吸が浅い
▼ここを見れば、膣や会陰が冷えているかどうかがわかる
…… 頭皮の状態/足の裏の状態/お尻の形
▼原田の告白

第3章 劣化によって起こる諸問題──女性器がおとろえるとどうなるの?
▼健康な女性器と、おとろえた女性器はこんなに違う
・・・欧米ではあたりまえ? スーパーのレジ横に膣の保湿剤がずらり─イタリア
▼女性器が乾いたり硬くなったりすると、こんな問題が起きる
……黒ずみ/におい/おりもの/かゆみ/生理痛/痔/性欲低下・不感症/尿もれ・頻尿
……便秘/便もれ/性交痛・膣萎縮/尿道瘤・膀胱瘤・子宮下垂・直腸瘤/骨盤臓器脱
▼原田の告白

第4章 セルフケアについて知る──準備するもの
▼究極のアンチエイジング
……1 オイルケア入浴となで洗い 2 会陰マッサージ 3 骨盤底筋体操
▼3つのセルフケアを行うために準備するもの ・・・欧米ではあたりまえ? 膣の若返りクリーム、手作りレシピ―アメリカ1

第5章 セルフケア 実技編──さあ、やってみよう!
▼まずは頭部から
……口のオイルケア/頭のオイルケア/耳のオイルケア
……鼻のオイルケア/顔のオイルケア/目のオイルケア
▼オイルケア入浴(全身のオイルケア)
▼会陰マッサージ ・・・欧米ではあたりまえ? ヴァギナ・リニューアル・プログラム―アメリカ2
▼骨盤底筋体操 ・・・欧米ではあたりまえ? それでも自分の膣にはさわりたくない!?―日本

第6章 体験レポート──衝撃の連続! ここまで変わる
▼恥ずかしながらの、体験告白
▼膣のトレーニンググッズで泣く
▼会陰マッサージでスーパー便秘(直腸瘤)克服!
▼おそそをあげて! 翡翠の卵と骨盤底筋体操で子宮下垂克服!
▼性的機能回復! 恥ずかしながら、濡れました!
▼巻き爪まで完治
▼5000年の歴史! インドで行われている女性器のオイルケア
 

→ ちつのトリセツ 劣化はとまる [ たつの ゆりこ ]